神道一心流

しんとういっしんりゅう

神道一心流(しんとういっしんりゅう)は、櫛淵宣根が開いた剣術流派。戸田流薙刀術を併伝していた。村の住人・櫛淵宣根は父・宣久より神道流を学んだ後、微塵流剣術、戸田流薙刀術、直心影流剣術、無敵流剣術、揚心流柔術等を学んで神道一心流を開いた。当流の刀法は「微塵流」「直心影流」「無敵流」「戸田流薙刀術」「宝蔵院流槍術」から成り立ったとされる。正式名称は神道一心流兵法と称する。