観菩提寺正月堂

かんぼだいじしょうがつどう

shogatsudo

東大寺の別院として建立されたといわれ、源頼政の家来・渡辺競の末裔を称した島ヶ原党の象徴。島ヶ原党は、第二次天正伊賀の乱の際、伊賀衆の一員として参戦しますが、正月堂を守るために降伏しました。

天正伊賀の乱