忍び刀

しのびがたな

忍者刀(にんじゃがたな)、忍刀(にんとう)とも呼ばれ、刃渡りは二尺(約60cm)以下の短めのものが多い。
刀身は幅広、重ね厚く、直刀系のものが主流だったのは、突きが基本の忍者の戦闘に適していたから。
また、この忍び刀は塀を乗り越える時の踏み台として、鞘(さや)は筒として水中での呼吸や、あるいは聴音用にも使われたともいわれている。

katana