忍者の起源

にんじゃのきげん

6世紀に志能便(しのび)が聖徳太子につかえたという記録が残っています。

Syotoku-taishi

【聖徳太子】

はじめて忍者が記録に出てくるのは、6世紀に大伴細人(おおとものほそり)という人が志能便(しのび)として聖徳太子につかえたという記録が残っています。
大伴細人は伊賀か甲賀の出身と言われています。