鉄輪(かなわ)

かなわ

輪(りん)ともいい、むかしどこの家でも見かけた五徳(ごとく)の足の部分を切り落としたもので、輪の内側と外側を刀のように鋭利にしておく。
2つ1組みを両手で用い「はさむ」「つかむ」「ひっかける」などの作用で、敵の動きを封じる。
軽く扱いやすいため女忍者「くノ一(くのいち)」がよく用いた。

kanawa

※危険ですから、決してまねをしないように願います。